2015年7月27日 by admin

あなたはどこで個性を出す?いろいろな結婚式の演出

厳かなチャペルでの挙式、そのストーリーと演出

結婚式と言えばウエディングドレスを着てチャペルで挙式と考えますよね。でもその挙式にストーリーがあることをご存知ですか?いろいろな説や考え方もありますが、挙式は女性の一生を表しているという説もあります。まず扉が開く「誕生」、そしてお父さんとバージンロードを歩く「成長」、その後彼と共に誓いの場へ「出会い、結婚」。そんなストーリーを基に考えると、扉が開いた後お母さんにベールをおろしてもらう「ベールダウン」という演出はどうでしょうか。母親に身支度を整えてもらい、父親と共にバージンロードを歩く。家族にとって思い出深い挙式になりそうですね。

披露宴が始まる前のおもてなし

披露宴が始まる前、ゲストの皆さんは早めに席に着いて待っているシーンがよく見受けられます。そんな時間を楽しく過ごしてもらう配慮として二人の馴れ初めや思い出のエピソードを書いた新聞やパンフレット、料理のメニューにこだわりのポイントや試食をしたときの感想などを書いたメニュー表などの工夫も面白いですね。他にも名札や席次表に「学生時代の友人」や「職場の上司」などちょっとした紹介を載せておくとゲスト同士の会話の手助けになり和やかに披露宴が進みそうです。

アイデアがたくさん!披露宴の演出

種類が豊富な披露宴の演出。やはり人気を集めているのはキャンドルサービスやファーストバイトです。最近ではキャンドルサービスは光る液体を使うことが多いようですが、他にも花火を使うこともあるようです。ファーストバイトには新郎が食べさせるとき「これから僕の稼ぎであなたを食べさせていきます」という意味があり、新婦が食べさせるとき「これから私がおいしい料理を作って食べさせます」という意味があると言われています。新郎が食べるときだけ大きなフォークを使ったり、なかにはしゃもじを使ってゲストと一緒に盛り上がったという声もあります。いろいろな演出を考えて思い出に残る結婚式にしたいものですね。

太田での結婚式場の探し方は今後の人生を幸せに過ごせるように願いを込めて決める方法が望ましく、雰囲気や内容を確かめて選ぶ方法が最適です。